日産キューブとエアロ

日産キューブはマーチをベースに作られたトールワゴンで、初代モデルは98年にデビュー。
スクェアなボディと手頃な大きさ、流行のハイトスタイルで瞬く間に大ヒット。
月間登録台数は1万台を超える出だしで、コンパクトカーにもトールワゴンブームを生み出しました。

初代モデルは全車1.3L DOHCエンジンを搭載し、トランスミッションは4ATとCVTを用意。駆動方式はFFとフルタイム4WDを選択することが出来ました。
キャッチフレーズはアソブ・ハコブ・キューブでしたが、実際のラゲッジ容量は少なく、ハコブと言った点では今一つでした。
小物入れなどのポケット類は数多くあり、リヤシートの床下に用意されたリヤフロアアンダーボックスやラゲッジの両サイドに設けられたポケット等、スペースを有効に使う工夫もされておりました。

ユーティリティという面では、フロントのマップランプが無い点や(サンルーフ装着車を除く)、ガラスハッチまで装着されラゲッジの利便性をあげてあるものの、カーゴルームランプが装着されておらず不満の出る部分でもあったようです。
また、若いユーザーが多かったためか、ドレスアップ傾向が高く、アフターパーツも数多くリリースされていました。
メーカーからも、既にエアロパーツ等が装着されている状態の特別仕様車が数多くリリースされていましたが、多数のアフターパーツメーカーからもエアロパーツがリリースされています。

コンプリートカーで有名なトミーカイラから、M13cと言う初代キューブベースのコンプリートカーも存在しました。
日産のアフターパーツを得意とするINPUL、人気のギャルソン等、スポーティ路線から、VIP系まで、あらゆるタイプが選択できるのも魅力です。
初代キューブは前期モデルと、後期モデルでヘッドランプの形状が違い、フロント周りはそれぞれ専用のエアロパーツを選択しないと装着できません。
サイドに関しては、前期、後期共に共通なので装着が可能ですが、リヤもマフラー位置が前期モデルと後期モデルで若干違うので、共用タイプと専用タイプがあるので、注意が必要です。

2代目モデルになるZ11型は、初代同様若者向けのトールワゴンですが、初代と違い左右非対称リヤウィンドゥや、箱をイメージしつつも、先代より丸みを帯びたデザインで若者を中心にヒットしました。
外見が独創的なエクステリアの為かリヤドアは初代のハッチゲート+ガラスハッチと言うスタイルから、ヨコ開きヒンジドアとなり、利便性という点では初代モデルの方が使い勝手は良かったように思えます。

インテリアはCube My Roomをコンセプトに居心地の良いソファーのようなシート、使い勝手の良い沢山の収納スペースなどを設け、まるで自分の部屋にいるような落ち着き感を演出。

エンジンは1.4L DOHCに、4AT又はCVTの組み合わせ。
後にマイナーチェンジで1.5L DOHCを追加し1.4LモデルのCVT仕様は廃止されATモデルのみとなりました。
駆動方式はFFモデルと、画期的な電気式のe-4WDを設定。
e-4WDは後輪の駆動を電気で行い、ドライブシャフトなどを廃する事により、室内空間の確保と燃費向上を図ったもの。

実用上は時速30キロ以下でスイッチによるON,OFFにより操作する物で、一般的な4WDと違い、緊急脱出や発進時のアシスト的な使用方法となります。
また、2003年にはミニバンブームの煽りを受け、ホイールベースを延長し、7人乗りとしたキューブキュービックを派生車種として発売。
ドレスアップの傾向は、先代と変わらず強い物の、メーカーで用意されている特別仕様車やオプション品が先代よりさらに充実され、アフターパーツでのエアロパーツの装着は減少傾向にあります。

前期モデルから用意されている、ネオクラシカルエアロキットはオーバーフェンダーやそれに合わせたエアロパーツがセットになった物で、ストライプのステッカーとセットでクラシカル風のレーシーなイメージを演出できるようになっています。
その他にも追加グレードにスポーティなバンパー等が装着されたAgiactiveや初代モデルでも人気だったオーテックの手がけるRiderやAxisも設定されており、どちらもクオリティの高いエアロパーツが標準で装着されていました。

アフターパーツメーカーのエアロパーツは基本的に前期、中期、後期共に装着可能だが、フロントグリルに関してはヘッドランプ周りの形状がそれぞれ違うので、専用の物が必要になる。
また、ネット上では標準モデルを購入したユーザーが、ネットオークション等でAgiactive用バンパーやRider用バンパーを落札し流用するケースもあるようです。

そして2008年に現行型発売。
サイズは一回り大きくなり、曲線を多用したデザインになったものの、2代目のキープコンセプトにより一目でキューブとわかるデザインを採用。
インテリアもジャグジーをイメージし、曲線を多く取り入れ、ガラスルーフに2種類のシェードを組み合わせ、一つは障子をモチーフとしたSHOJIシェードをビルトイン。
通常の遮光用ロールシェードの他に、障子の持つ柔らかい日差しを取り入れることが出来ます。

ガラスルーフ非装着車には、波紋をイメージした天井トリムが用意され、どちらも癒しの空間を演出しています。
エンジンは全車1.5L DOHCエンジンにCVTの組み合わせ。
駆動方式は先代同様FFとe-4WDを用意。
先代同様Rider仕様も設定されています。
また2代目キューブの派生モデルである、キューブキュービックは廃止されました。
2代目以降徐々に外装系のドレスアップは控えめな傾向にありますが、INPUL等から少数ながらリリースされています。

エアロパーツに関して言えば、流行もありますが初代モデルが外装系ドレスアップのピークで、アフターパーツメーカーからのリリースも初代が一番多く選択出来ました。
2代目以降はメーカー側で設定されているRiderやAXISといった仕様のクオリティが高い為か、アフターパーツメーカーからのエアロパーツは激減しました。
2代目以降のキューブはドレスアップをしてクルマを楽しむというより、メーカーの意図している通り、移動できる自分の部屋といったイメージになったように思えます。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

スポンサーリンク