SR400 中古車での購入情報

非常に人気の高い SR400
日本で販売されているバイクの中でも、一位、二位を争うのがヤマハのSR400です。クラシカルなデザインに高い走行性、どんな道でも適用する汎用性の高さからも非常に人気が高くなっている一台です。
人気が高すぎて、盗難に遭いやすいといった特徴もあるくらいです。
人気なので、中古車市場でも多く見かけることができます。このSR400を中古車で購入する際のオススメの方法についてご紹介していきたいと思います。

中古車での販売価格相場
SR400は、もちろん中古車の状態にもよりますが、大体60万円位が相場だと言われています。高いものや限定版になるともっと金額は高くなります。
カスタムをされているバイクが多いため、そういったSR400は金額が安くなるのでオススメです。自分でカスタマイズをできる人なら、カスタムされた安いSR400購入して、自分でカスタマイズするのもいいでしょう。

中古車での購入 値切りのポイント1
SR400を値切って購入しようと思っている人に、オススメの方法があります。それが、購入する時期を調整するといった方法です。購入するのにオススメの時期は、決算期の3月、9月です。
販売店側もこういった時期には少しでも成績を上げたいといった思惑がありますので、少々値段を下げてでも、売り上げの実績を残そうとします。その心理を利用して、バイクの値切りをするといったわけです。特にSR400のような人気車種になると、ライバル店の取り扱いも多いので、値切りもしやすくなります。
購入を決めているSR400 があっても、初めから買う気で行くのではなく、店員の様子を見ながら値切っていくのも一つの手でしょう。

中古車での購入 値切りのポイント2
SR400 を値切る際の方法としておすすめなのが、ヤマハの正規中古車販売店と、それ以外の中古車販売店を競合させるといった方法です。自分で何店舗も回る必要はありません。欲しいSR400をネットで調べそれぞれの店舗から見積もりを取ります。
その見積もり金額を元に、値切り交渉を行うのです。あまりないことですが、ヤマハの正規中古車販売店の方が安かった場合、大体の中古車販売店が安くしてくれますのでオススメです。
何店舗もまわれば回るだけ安い見積書ができていくといった利点もあります。手間はかかりますが、それ以上に値切りができるのでオススメと言えるでしょう。

中古車での購入 値切りのポイント3
一番大事なのが、査定時の営業マンとの駆け引きです。あなたが一円でも高くバイクを売りたいと思っているのに対して、営業マンは一円でも安くバイクを買いたいと思っています。
こういった駆け引きの経験値は向こう側がはるかに上ですので、勝つことは見込めません。査定の時に営業マンとケンカ腰になって料金について相談する人がいますが、できれば仲良くなった方がいいです。心象を良くすれば、少し色のついた値段で購入することができるかも知れません。

中古の場合は保証も確認しよう
中古でSR400を購入する場合、保証内容についてもしっかりと確認しておく必要があります。どうしても、中古車は故障のリスクがついてきます。いくら安い金額で勝ったからと言って、すぐに故障して保証が付かなければ修理代だけでもかなりの金額になってしまいます。中古車販売店によって、保証の有無は異なります。中には、追加料金を支払ったら保証を付けてくれるところもありますので、なるべくなら保証の付いたバイクを選ぶようにしましょう。
車と違い、駆動系なども外部に晒されているため、どうしてもバイクは故障しやすくなっています。故障の時のリスクもしっかりと考えてバイクを購入しましょう。

SR400 の盗難対策
人気があるため、盗難のリスクが増えるSR400ですが、しっかりと防犯対策をすることで、盗難のリスクは格段に下がります。
二重のロックはもちろん、ディスクブレーキに装着するタイプの鍵をつけるようにしましょう。このタイプは外すことが難しいので、盗難のリスクを減らすことができます。

コメントは受け付けていません。

スポンサーリンク