マグナ50のレビュー

 私が初めて乗ったオートバイは、ホンダの「マグナ50」でした。
原付バイクでありながら本格的なアメリカンモデルを体感することできるバイクとして、街中でも非常に多く見かけることができたと思います。当時通勤などの足としてバイクが必要で、税金や燃料費などの観点から原付バイクの購入を考えていました。
これは卒業を期に一人暮らしを始める準備の一環であり、資金面から見ても車より敷居の低いバイクなら当面維持には苦労しないだろうと思ったのです。住まいから通勤場所までが短距離ということもあり、原付バイクという選択に至りました。

スポンサーリンク

 車はおろか、バイクに関しても当時は全くの無知であった私ですので、当然選ぶ基準となるのは「金額」と「見た目」のみ。バイク初体験の人間が通勤の足として使うバイクということで、当然のように新車ではなく中古車の中で探すことになりました。金額は20万円ほどの予算内。これは今考えると、中古の原付バイクを素人が買うということに対して充分過ぎる金額だったかもしれませんね。

 バイクの知識に詳しい人であれば、この時点で「なぜ初めてでマグナ?」と疑問に思っておられるでしょう。私も正直、初めて乗るモデルとして選ぶバイクではなかっただろうなと思います。まずはその重さ。車両重量96kgという重さは素人、加えて特別鍛えてもいない女の私にとって非常に重い車両でした。(腕力のある人や男性であれば、バイクだからこんなもの、なのかもしれませんが)。
バイクがこんなにも重いものだと全く知らなかったので、乗り始めた時は正直怖いものでした。支えるのがやっとという感じで、転倒でもしたらと考えると…(幸いその様なことはありませんでしたが)。とはいえ、一人で起こせないようなバイクを買うなんてことは問題すぎるので、初心者の方はこの辺りも念頭にしておいた方が良さそうです。

 そんな不安要素もありましたが、マグナ自身の走り心地は非常に良かったです。ホンダならではの走るエンジン、大柄なボディが魅せる迫力のある走行など「乗っていて楽しい」と思えるバイクでした。急な坂道や山道を走行することがなかったのでそういった場の走破性に関してはなんとも言えませんが、街乗りで使用するには充分な性能です。先述のように重量が大きいため、ドライバーの体重も合わせるとスピードは出にくい印象ですが、重心が低く走り自体は安定していて問題ないと思います。
シート高が60cmなので大した身長のない私でも両足がつき、乗り易さも感じました。大柄な為、小回りの効きは他の原付に比べるとあまり良くない印象ですが、個人的にはそれほど気にならないレベルでした。というか、マグナなどのバイクを乗る人にとって、小回りのききというのは求める要素でもないかと思います。とはいえやはり原付なので、取り回しが極端に悪いという事もありません。

 一点不満に感じたのは、エンジンスタートがボタン式のみだったこと。キックスターターが装着されておらず、万が一の際には「押しがけ」しなければならないのです。まさかその万が一が訪れるとは思ってもおらず、(これは中古品の見極め不足もあったでしょう…)キックスターターがないことも購入後に知った私にとって、かなり不便な要素の一つとして残ってしまいました。
軽量なバイクならまだしも、重い部類に入るマグナはやはり腕力のない者にとって押しがけでエンジン始動するのは厳しいと感じます。この辺りも事前の調査不足、勉強不足が招いた結果なので文句の言いようもありませんが…。皆様はお気をつけください。

 現在は絶版モデルとなっており、中古でしか購入できなくなっていますね。乗っていたのももうかなり前のことですが、今見ても古くからあるアメリカンスタイルをコンパクトにまとめた良いモデルだと思います。アメリカンに乗りたいけど、最初から2輪や大型を乗るのには気が引けるという方は、マグナ50から入ってみてはいかがでしょうか。アクセサリも多いことで知られているので、カスタマイズを楽しみたい方にももってこいです。

コメントは受け付けていません。

スポンサーリンク