スカイウェイブの買取相場ってどれくらい?

スズキ初のビッグスクーターとして、ビッグスクーターブームに上手く乗った形となってとにかく高い人気を集めているのがスカイウェイブです。
そんなスカイウェイブ、欲しいと思っている人もいれば手放そうと思っている人もいるのではないでしょうか。そろそろ新しいバイクが欲しいから下取りを考えているという人もいれば、違う車種に乗ってみたいと思っている人もいるでしょう。

スポンサーリンク

そのような人にとって気になるのが買取査定でしょう。実際にどれくらいの価格で売れるものなのか。出来れば高く売りたいとは誰もが思っている部分でしょうが、他のスカイウェイブを下取りしてもらっている人はどれくらいの価格で下取りしてもらっているのか。
これは気になる部分ではありますが、同時に状態によってまったく異なってくる部分とも言えるでしょう。ではどのような部分をチェックされるのでしょうか。これを知っておくのはとても大事ですし、知っておく事で自分自身のスカイウェイブをより高く売却する事が出来るでしょう。まずは走行距離。一番の目安になるのが走行距離ですが、バイクの走行距離は20,000kmが自動車の100,000kmに相当すると言われています。

つまり、20,000kmを超えると一気に査定が低くなります。10,000kmですと「まだまだ乗れる」ですが、20,000kmを超えていると「結構乗ってるな」と思われてしまいますので、この点をまずは把握しておきましょう。更には傷の有無。傷は案外見られている部分です。
小さな傷がたくさんあるとマイナス査定になりますので、直せる物は直した方が良いかもしれませんね。直す金額を考えたらコストパフォーマンス的にあまり変わらないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、料金面だけではなく、お店の印象も変わって来ます。大事に乗っているバイクなのか、それともあまり大事にしていないのか。この点でどうしても印象が出来上がってしまい、細かい査定に響いてきますから。

また、スカイウェイブの場合カスタマイズしている人も多いのではないでしょうか。ビッグスクーターはカスタマイズするからこそ楽しいという人も多いでしょうが、カスタマイズが査定にどれくらい影響があるのかというと、実はそこまで影響しないものだったりします。
むしろカスタマイズした際、オリジナルパーツを残しているかどうかが問題です。取り外したオリジナルパーツを残している場合、言い換えれば「いつでも戻せる」事になりますが、オリジナルパーツが無い場合は査定は低くなります。「欠品」のような状況なのですから、査定が低くなるのも当たり前の話ですよね。ですので、カスタマイズしている人はオリジナルパーツの有無でかなり変わって来ます。

この点はシビアではありますが、しっかりと把握しておかなければならない部分ですね。条件さえ良ければ40万円台、50万円台といった高額査定もみえてきますが、平均相場としては10万円台後半から20万円台といった所で落ち着いているようですね。
メンテナンス次第で変わってくる部分もありますので、あくまでも目安でしかないのですが、自分のバイクがどれくらいなのかというのは誰もが気になる部分でしょう。ですがやはり一番の肝となるのは走行距離です。小細工が出来ない部分ですが、だからこそ査定のベースになってしまう部分でもあるのです。

更に実際に査定してもらう際には一社だけではなく、複数の会社に見積もってもらうべきでしょうね。一社だけですと高いのか安いのかの判断が付かないものです。その点複数の中古バイク業者に見積もりを出してもらえば、自分のスカイウェイブの大まかな相場が見えてくるでしょう
。一社だけですと高いのか安いのか解らないだけではなく、交渉材料にもなりません。高く売りたいのであればそれなりに交渉術も必要になってきます。スカイウェイブは人気車種です。中古車市場に多く出回っているのは、それだけニーズがあるからとも言えるでしょう。業者としても在庫として確保しておきたい車種になりますので、様々な業者から見積もりを取り、「一番高い所で売る」という姿勢を鮮明に打ち出しておく事も大切です。

コメントは受け付けていません。

スポンサーリンク