Ninjaの中古車が欲しい!

カワサキが世界に誇るのが「Ninja」でしょう。長い歴史を持ち、さらには日本国内だけではなく世界にも輸出されているのが「Ninja」です。排気量によって分類されており、250cc、400cc、650cc、1000ccのものがあります。ZZRとともにカワサキのオートバイを支えてきたのがNinjaと言っても過言ではないのですが、Ninjaの中古車が欲しいと思っている人、案外多いのではないでしょうか。走行性はもちろんですが、美しいシルエットは見ているだけでも満足という人もいるほど。もちろん走行性も問題ありません。「サーキット最速」を謳われているNinjaの走行性は問題ないどころではなく、とても素晴らしいものとなっています。そんなNinjaの中古車事情の方を見てみるとしましょう。

スポンサーリンク

Ninjaの中古車市場を見てみるととある事に気付かされるでしょう。それは250ccのものが一番多いという点です。全国に250ccの中古車が1000台前後、400ccのものが500台前後とそれなりの数となっているのですが、650ccになると50台前後、1000ccのものとなると400台前後となっています。この背景にあるのはNinja云々という事ではなく、中型免許で乗れるかどうかという点でしょうね。400ccまでは中型免許でも運転可能ですので、市場規模が異なってくるのです。そのため、どうしても中型免許で運転する事が出来る400ccまでの在庫の方が多くなってしまうのですが、これはNinjaに限ったお話しではありません。むしろ1000ccのモデルがそれなりの数出回っている事実は、いかにNinjaの人気が高いのかという事を知らしめてくれるのではないでしょうか。ですがどのNinjaにも共通している事があります。それは、基本的に安いものですとそこまで状態が良くはないという点です。これは仕方ない部分でしょう。
安いという事は何か理由があるものです。1000ccですとどの中古車であってもそれなりに良い状態なのですが、400ccや250ccの場合、中には10万円台のものもあります。Ninjaが10万円台で買えるというのは衝撃的な話ですが、それだけ消耗していたり走行距離が長いという事ですので、どうしてもメンテナンスが大事になってきます。これがNinjaの中古車を購入する上で一つのポイントになる部分と言えるかもしれません。というのも、自分自身でメンテナンスが出来ないとなると何かあればお店に持って行かなければならなくなってしまいます。自分自身でメンテナンスを行うのが苦ではない人であればすぐに直せる様な事も、出来ないとなるとお店に持っていかなければならないのです。特に劣化著しい中古車の場合、何かしらが起きる可能性が高いのですから、自分自身でメンテナンスが出来ないようですと大変です。ですから、そのような人は最低でも250ccでも400ccでも40万円台後半くらいのNinjaが良いでしょう。それ以下の車体価格のNinjaを購入するのであれば、それなりにバイクを弄れる人でなければ難しいでしょうね。
車体価格は安くても、その後の維持費で大きな出費を強いられる事になってしまうでしょうから。

ですからバイク弄りが楽しい人にとっては格安のNinjaというのはとても魅力的な一台となってくれるのではないでしょうか。自分でメンテナンスが行えるのであればお店まで持っていく必要もありませんから、維持費もそこまでかからないでしょう。ですが、自分では何も出来ないとなるとどうしてもお店までもって行かなければなりませんので、コストパフォーマンスがかかります。この点はどれだけバイクの知識やスキルを持っているか次第になりますので、バイクをあれこれ弄るのが好きな人であれば安いNinjaでも楽しめるでしょうが、そうではない場合、それなりの車体価格の中古車を選んだ方が無難でしょうね。

コメントは受け付けていません。

スポンサーリンク